ファイナンシャルリテラシーをつけたくなる一冊 :改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 /ロバート・キヨサキ

書評

金持ち父さん貧乏父さんはこんな方におすすめ!

・金持ちと貧乏の差ってなんであるのだろうと考えている人
・金持ちになりたい
・資産運用に興味がある
・副業に興味がある
・会社と家の往復を変えたい

「ファイナンシャルリテラシーは絶対にこれから必要な知識と思った一冊」

本の名前は知っていましたが、今日に至るまで読まなかったことを残念に思いました。

小学生〜中学生くらいから読んで実践すると人生が変わってくるかもしれません。

フィナンシャルリテラシーを持てば、自由な生活の実現が近くなると感じ、それを学ぶ意欲がわきました。

この本を読んだきっかけ

資産運用の知識を楽しく学べる本を探しており、見つけました!

そもそも、フィナンシャルリテラシー って?

お金に関する知識と考え方。ファイナンシャルリテラシーとも記載されていることも。
これがあると、お金を「稼ぐ」「貯める」「増やす」ことができるようになります

例えば、給与からの所得税は高すぎるので、サラリーマンはなかなかお金がたまらない。
一方、資産にかかる税は所得税より安いので、まずは手取りから資産を増やし、最終的には資産から資産を作れるようにする。
上記を読んで「資産?なんか難しそう」と感じてしまうと、フィナンシャルリテラシーが足りないということです。
本書によると「資産を増やすのは簡単ではないが難しくもない」とのこと。
そして失敗は必ずするそうです。

roco
roco

失敗?!お金をかけてやることだけにいやだなぁ・・

確かに株で儲けられるようになる過程で失敗するのは絶対にしたくないという人も
多いいるのではないでしょうか。
しかし、自転車に乗れるようになる過程で何回も転ぶのは普通と考えませんか?

roco
roco

まぁ、、確かに。。

また本書の初版は2000年で、話題がお金ですが、『失敗を恐れない』など
最近読んだホリエモンさんや植松努さんの主張と重なるところがありました。
時代や分野が異なっても、変わらない法則、考え方があることを感じました。

rocoが金持ち父さん 貧乏父さんで特に印象的だった点3選

フィナンシャルリテラシー以外で誰でもすぐ実践できるものを書きます。

roco
roco

ファイナンシャルリテラシーの1つとして
「不動産を買って収入源を増やす」ことが書いてありますが、すぐには難しいですよね・・

1.忙しい人が一番の怠け者 仕事が忙しい等理由をつけて自分が取り組むべき問題を直視しようとしない。

自分の場合、明日やっても間に合う仕事で忙しくしていることがあります。
また、不要なネットサーフィンで時間を浪費してしまっていることもあります。

忙しくなっているのは理由があり、冷静に考えれば解決する方法があると思います。
「忙しい」という言葉で考えるのをやめないようにしたいと思います。

2.「それを買うお金はない」と言わない

私は子供に何度も言った経験があります。

この言葉は人に考えることをやめさせてしまうという著者の意見は正しいと思います。
言うのは簡単ですが、他人に大きな影響を与えてしまう危険な言葉です。

なお、植松努さんも「他人に考えるのをやめさせる言葉は使ってはいけない」と
いつも主張しています。

↓↓この本おすすめです!  書評は近日公開!
(金持ち父さん貧乏父さんよりも断然読みやすいです。)


「それを買うお金はない」というのではなく、「どうやったらそれを買えるようになるか」と
人に考えさせる声かけができるよう思考したいと思います。

3.間違っていても自分が「正しい」と思ったことをやるように心がける。

何をやっても金持ちなど影響力のある人は批判されます。
そこで軸がズレる人は金持ちになれないそうです。

結局批判されるなら自分が「正しい」と思ったことをやる。
そのくらい時には開き直りとも捉えられる考え方が金持ちになるためには必要とのこと。

このような行動の例として、私はトランプ大統領が思い浮かびました。
大統領就任前は世間から「政治家経験もないし長続きしないだろう」と
考えられていましたが、

彼が「正しい」と思ったことをやり続けた結果、
現在は、様々な問題がありましたが2020年の大統領選挙で再選の可能性が
あるほど支持を得ています。

本書からのメッセージ:何歳からでも諦めるな、気がついたときに行動する!

本書によると、ケンタッキーのカーネルおじさんは66歳で困窮した結果、
ケンタッキーを興したそうです。

誰でも、何歳からでも金持ちになるチャンスはある、
しかし、ファイナンシャル・リテラシーを学んでおかないとチャンスを逃してしまう。
ファイナンシャル・リテラシーを学び、金持ちになる準備が必要と思わせてくれる一冊です。

ろこはこの本を読んでどう行動したか?

一風堂(rocoの最愛フード)の株を買いました。
しかし、すぐに下がりました・・😂

「失敗は必ずする」をさっそくやりました。

roco
roco

まだまだ勉強が必要です。

以上、「ファイナンシャルリテラシーをつけたくなる一冊 :改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 / ロバート・キヨサキ」でした!

お読みくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました